ただ今、Webサイト調整中です! お手数をおかけします...

変態さんとの対峙〜アフターストーリー〜

深夜のコンビニで変態おじさんに出くわした後の話。
これまた人生で初めての経験をします。その後変態おじさんがどうなったのか。

番外編です。

あわせて読みたい
変態さんとの対峙〜2AMの戦い〜 仕事でパニック障害を発症し退職。当時、引きこもりだった僕が社会復帰第一歩目として始めたのがコンビニでのアルバイトでした。 今回は忘れもしない「僕の人生史上最も...
あわせて読みたい
変態さんとの対峙〜Part 2〜 前回からの続き。深夜に現れた「変態おじさん」との攻防が幕を開けます。 https://shawn-life.com/2020/10/19/hentaioniisan/ 【深夜2時30分。変態と二人。】 深夜2...
目次

変態再び

夜勤で変態おじさんのパーフェクトパフォーマンスをお目にかかってから、1週間もしないうちに奴はもう一度現れました。そして、同じ格好で前回同様カンペキなパフォーマンスを見せてくれました。

二回目ももちろん深夜に僕が一人の時です。
これはあえて僕のいる時に「僕」目的で来ているんじゃないか?

だとしたらヤベェ」 と、すぐに店長に相談。(初めて現れた時も相談はしました。)

そうして後日。

警察官が現場の検証と、防犯カメラのテープチェックにやってきました。
僕は当時の状況や奴の店内での動き。もちろん彼のスペシャルコスチュームまで細かく報告することに。

報告の際、店長も一緒に警察の方に報告してくれたのですがこれがまた大変なことに…。

初めての聞き取り調査

聞き取りに来てくれたのはベテランのおじさん警察官と、僕と同じ歳くらいの若い女性警察官。

ベテラン警察官
ベテラン警察官

『じゃあ当時の服装について教えてください。』

Shawn
Shawn

『ええぇっと…とりあえず女装していて女性物の下着を履いていまして….』

店長
店長

ピンクローターがつけてたんだよなっ!?笑』

『あ!大人のおもちゃって言ったほうがいいのかなこういう時は!笑』

店長ノリノリ

ベテラン警察官
ベテラン警察官

『大人のおもちゃ …ですね.. (何かに書き込む ) はい。他に特徴とかありましたか?』

さすがベテラン警察官冷静でした。一方女性警察官は少し気まずそうでした。
当たり前です。僕だってこんな話を事細かく説明なんてしたくありませんでした。

そんな様子を察したのか店長の矛先は彼女へ向きます。

店長
店長

あとはですねぇ….お尻にディ○ドが刺さってたらしいんですよ!』

『あ!ディ○ドって分かります!?分かんないかなぁ!?まぁ大人のおもちゃですね!』

女性警察官
女性警察官

『は、はぁ…(苦笑い)』

正直カオスでした。警察官で、仕事とはいえ女性に変態おじさんの説明と、アダルトグッツの説明を真面目にする恥ずかしさ。
#誤解の無いように説明しますが仕事です。

その後、防犯カメラのテープ確認も行いました。

店長
店長

『あ!ここですね!ここ!笑』

『あああぁ…パンツ丸見えだコレェ…笑』

『この時だよねっ?ピンクローター見えたのは?笑』

『ああぁ…ホントだ。お尻からなんか出ちゃってるねぇ!笑』

店長だけは終始ウキウキです。

そんなこんなでとりあえず警察に被害届けを出したのですがこのあと僕のシフトでは2度と出ることはありませんでした。
しかし、別の男の子の夜勤の際奴は再び現れ警察の方が聞き取りに来ました。

確保。

そして月日は流れ半年ほど経ったある日のことです。
僕はすでにコンビニバイトを辞め、リゾートバイトの勤務地へ移っていました。
そこへ突然着信が入ります。

警察
警察

『〇〇警察署の者なのですが以前アルバイト中に女装した男に遭遇された○○さんでしょうか ….?.』

Shawn
Shawn

『はい。私です。笑』

警察
警察

『あ!そうですか!えぇっと現在犯人を署内で勾留中でして、確認のために一度署まで来ていただけますか?』

変態おじさんついに確保。

ついに犯人と面会

僕は休日を返上し車で一時間の警察署まで行くことになりました。
警察署に着き担当の人を呼んでもらい、まず歩かないであろう警察署内を案内してもらいます。

そしてドラマでしか見た事のない小さな取り調べ室に通されました。

中には小さな机と椅子が置いてあり、いくつか顔写真を見せらました。
当時の記憶している犯人の顔に近い物を選んでくださいとのこと。

担当の警察官
担当の警察官

『はい。じゃあこれで終わりです。このあと実際に現在勾留中の犯人を見てもらって、顔の確認をしてもらいますね。』

『マジックミラー越しになりますから、向こうからこちらは見えないので安心してください。』

「まじか。」
「遂にあの変態お兄さんの素顔を目の当たりにすることになるのか」とドキドキしました。

そして、取調室の前に着き。ついにその時はやってきます。

担当の警察官
担当の警察官

『どうですか?犯人で間違いないですか?』

マジックミラー越しに見えたのは

年は30半ばで中肉中背の男が小さく俯きながら警察の人の取り調べに応じている様子でした。

担当の人の説明だと、名前は〇〇ヒロユキ(仮)

結婚はしていないが家族と住んでいて仕事も普通にしているとのことでした。

何度も現れた理由は、深夜に変装してコンビニへ出向いた際に激しいく拒否されなかったからだそうで、同じようなことを色々なところで繰り返していて捕まったそう。

つまり性的な趣味のいっかんだったそうです。

一件落着。さよなら変態おじさん。

ちなみにこの変態おじさん。

直接ブツ(イン部)を出していなかったため逮捕内容は「迷惑防止条例違反」にあたり罰金を払うだけ。再犯してエスカレートしなければいいのですが、、、。

正直。
僕がした刺激的な経験からすると変態お兄さんに勉強料を払いたいくらいでしたが、更なる被害者が出なくて安心もしました。笑

ともかく。

こうして僕の人生で一番濃い体験は幕を閉じたのでした。
さよなら変態おじさん。

あわせて読みたい
変態さんとの対峙〜2AMの戦い〜 仕事でパニック障害を発症し退職。当時、引きこもりだった僕が社会復帰第一歩目として始めたのがコンビニでのアルバイトでした。 今回は忘れもしない「僕の人生史上最も...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる