ただ今、Webサイト調整中です! 見づらかったらごめんなさい!m(._.)m

【必読】出国前に揃えよう! オーストラリア ファーム ジョブ持ち物

こんにちはShawnです

今日はオーストラリアで2nd VISA , 3rd VISAを取得した僕の経験から

日本で買っていくべきファームの道具(準備)を紹介します。

これからファームジョブをする方、日本から情報を集めている方、2nd VISA , 3rd VISA を狙っている方の役に立ちますように!

ちなみにここではゴリゴリのアウトサイドでの仕事を想定してお話ししています。

あと日本で「今僕が買うなら」を想定して商品は選んでみました!

理由なども説明しているので参考にしてみてくださいね〜

目次

装備編

サングラス

フィールドジョブではサングラスが必須です。

Australiaの太陽は肌を焼き、目を潰しにかかってきます。笑

正直いうとサングラスなんてAustraliaのどこでも買えるのですが安いものは値段なりのクオリティですぐに壊れてしまいます、、、

かと行ってReyvanの高級サングラスなんてつけないでくださいね!

激しいフィールドジョブで夢中になって作業をしていると壊れてしまったり、紛失したり(フィールドはめちゃ広いので見つからない事多々あり)なんて日常茶飯事でした。予備も含めて準備しておくといいですね。

僕の彼女は作業に集中し過ぎて一日に二つ無くしてかなり萎えてました。笑

僕のおすすめは2つ持ちで、強い太陽の光を遮る偏光レンズのものとUV加工のクリアなサングラスがおすすめ!

クリアサングラスを勧める理由はグレープピッキングなどでブッシュ(生い茂ったグレープの木々)の中に入った時、色の識別が簡単なためです。収穫するものによっては色づき方で判断しなければならず取り残しや収穫基準前のものを取りかねない、、、。最悪それによってクビなんてことも、、、。

またどちらもスポーツタイプで顔の輪郭にフィットしたものがベスト!

ホコリ、砂、枝、ハエ、薬品(ケミカル)など目に入って作業効率を下げてくるものはシャットアウトしましょう。

ハエよけネット

安くていいので絶対用意しましょう。絶対です。

春から夏にかけて出てくるヤツら、、、ハエ!!

めちゃくちゃいます。あなたの想像の100倍はいます。冗談抜きで。笑

僕のオーストラリアの夏の思い出は、ビーチでも可愛い水着のおねぇさんでもありません。こいつらです。

黒いの全部ハエ!!

特に内陸部に入って乾燥地帯になるとハンパないです。

鼻の中、目、口まで奴らは入ってきます。まるで養蜂場の中にいるんじゃないか?と錯覚するくらいにこいつらの羽ばたく音が聞こえます。

フェイスガード

最近ではアジアンマーケットなどにもありますが日本でしっかりしたものを買うのが無難ですね。

アウトドア用品やミリタリー用品から選ぶことをお勧めします。

薄い生地のものはホコリや細かな砂が入り込み鼻や耳の中まで真っ黒になります。

鼻の粘膜の弱い人はこれが原因でいつも鼻血を出してました、、、

特に、顔全体を覆い隠せて後頭部まであるような筒状のものがベスト(帽子を固定できる上、首回りの日焼けもガードできる)耳にかける式は耳だけこんがり焼けちゃいます、、、

こんな感じで後ろまでぐるっとがオススメ!

あと個人的になんですが、広大なオーストラリアのフィールドでは僕たちが収穫していない時にバンバン農薬をまいているので葉っぱやホコリなんかに農薬がかなり付着していると思います(実際に何度も見た光景です)

憶測の域を出ませんが蕁麻疹や謎の発疹が出たり、痒みに襲われたりする人などに会ったのでホコリや砂は吸い込まないように注意した方が無難だと思います。

フィールドに落ちていた農薬袋

アームガード

これも現地で買えますがクオリティが低くすぐにダメになります。ほつれたり、穴が開いたり、、、。

僕は日本で購入して(2つ)ヘビロテでファーム生活の最後まで使い続けました。

丈夫で伸縮性があるものがいいです。(建設業の大工さんとかがしてるようなやつ)

「長袖で良いじゃん!」と思うかもしれませんが半袖にアームガードの方が断然涼しいし袖を気にせず動けるのでベスト。 特にトゲのある果物、枝の中に入っての作業などに使えるし絶対あった方がいいです!

僕が半袖でグレープピッキングをやっていた時にできた枝の傷は一年近くたった今でも残ってます、、、

手袋

言わずもがなですが必須です。

Australiaで買うと高いし質もイマイチですぐに穴が開きます。

まとめ売りしているものがあればまとめていくつか買いましょう!(作業によるが一月に一つ消費)

軍手ではなくひら面がゴムになっているものがいいですね。

小さいポーチ

フィールドで細かいものを入れておくのに役立ちます。(ペン、リップクリーム、携帯、ハサミ、軽食etc)

意外とちょうどいいのが見つからないんですよね、、、。

僕のおすすめはカラビナやベルト などで腰に付けられるものがオススメ!

体から離すと無くしがちなので常に持ち歩けるようにすると作業が楽だと思います。

ファームの仕事に慣れている人はよくつけてますよ!

カラビナ

バックパックなんかにも付けておけるしいくつかあるとかなり便利です。

水筒を腰に付けておいたり、ハサミを腰に付けたりと何にでも応用が効きます。

日本を出る前にいくつか準備するのをオススメします。

僕はカラビナ マニアなんですが、個人的にはS字のカラビナ が好きです!スタイリッシュで薄くかさばらないのに強靭なのが最高。

グローブホルダー

あるとめちゃくちゃ便利!

せっかく日本で買った手袋もフィールドで無くしてしまっては悲しいですよね、、、

これがあると常に腰にあるので作業時便利です。

何度も言いますが現場ではいろんなものを見失ったり無くしたりします。(僕だけ??)

オーストラリアでもたまに見かけますが探すのも大変だし高いです。日本で買った方が圧倒的に安く、一個あればファームの間は使いますので買っておくといいですね!

レギンス

暑さ、寒さの調節に便利なレギンス 二枚ほど洗い替えとあると良し:)

女性ではスポーツブランドのレギンスで現場にいる人をよく見かけますね。

僕はユニクロのスポーツレギンスでファームジョブを乗り越えました。

サポーター

腕、膝、腰、手首、、、自分の体に合わせて準備するといいです。

こちらで買うとすごく高いので、、、。

僕は膝が少し緩くてたまに痛みが出るので、膝サポーターをダイソーで二枚購入して使ってました。

短パンにサポーターの組み合わせだと、砂や石ころの上でも片膝をついて作業できたりするので良かったです。

小物編

キネシオテープ

はい出ましたこれ。

ヘビーユーズ間違いなしです。

絶対に一度は使います!日本でしかこの値段でこのクオリティは買えません!

僕は2年目でファームに戻った時これを2、3ロール持って行きましたが使い切りました。

痛みが出たときの固定、指先の保護などなどなんでも使える万能品です!

オススメは25mm幅のものですね。汎用性が高いです。

キネシオテープで擦り傷を防ぐ!

サロンパス

長いファーム生活必ずどこか身体が痛くなります、、、

塗るタイプと貼るタイプどちらでもいいので準備しましょう。

Australiaでも買えますがかなり強力で肌に合わない人が多いです。

キューピーコーワ

身体のメンテナンスはファームジョブでは必要不可欠です。

疲れが溜まったりするとパフォーマンスが下がって出来高の仕事(piece rate job)の場合収入が減ってしまいますよね、、、

疲れたときなどはこのような栄養補助食品を取るのもアリかと!

僕と彼女もハイシーズンでヘトヘトの時はこれを飲んで頑張っていました。笑

クエン酸なんかもあるとイイかもです:)

以上、日本で準備するべきファームジョブの道具でした!

ファームジョブの基本的なお話やその他の僕の経験談は後日アップします。

ぜひそちらも参考にしていただけたら嬉しいです!

正直、大変な仕事で稼ぎも常に左右されることが多いですが、ファームで出会う仲間や広大なフィールドで見る景色は一生ものの思い出になるので恐れずチャレンジしてみてくださいね:)

仕事終わりにみんなで:)
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる