ただ今、Webサイト調整中です! 見づらかったらごめんなさい!m(._.)m

這いつくばって手に入れたローカルファームジョブの話

こんにちはShawnです

今日は僕がAustraliaでのローカルファームジョブをゲットした時の話

あとは僕のワーホリで起きたことの体験談です

何もかもが初めてからの挑戦だったのでいちからファームに向かう方は参考になるかも?(だいぶトリッキーな探しかたですが)

目次

目次

きっかけはRogerとの決別

タスマニアへとファームを探しにいった僕は当時Rogerという

メルボルン のシェアハウスで出会った台湾のお兄さんと行動を共にしていました

初めての場所や新たな出会いにウキウキでタスマニア行きのフェリーに乗り込んだはずだったのですが

ファームジョブどころか仕事さえ見つからず一月でたくさんの資金を失いました

アプライするもどれもこれもシーズンは2、3ヶ月後、、、

毎日必死にファーム探しに時間とお金を消費していった僕らは次第に仲も険悪になりました

当時の僕は語学学校は出たものの英語はほとんど話せませんでした

そんな僕をRogerはいつも面白がってバカにしたりからかっていたのですが

時間が経つにつれそれはエスカレートしてきて挙句、毎日バッドワードの嵐でした笑

ある日僕らはメルボルン へと撤退することを決意します

バッパーを転々としながらVIC州のファームジョブを探していましたが

メルボルン へついてからも僕への口撃はおさまらず

精神的にも金銭的にも追い込まれていた僕は

ある日1人になりたくて夜の街を彷徨っているとあるバス停にたどり着きました

ベンチに腰を下ろした時ふと思ったのです

『こんなことしてて楽しいのか俺は?』と、、、

日本で一生懸命働いて貯めた資金も底をつき、

毎日嫌味や意地悪をされながらRogerと一緒にいて『俺のワーホリって一体なんなんだ!?』と、、、

そしてその時

遂にRogerとの決別を決意しました。

夜どこかのベンチで1人…

遂に勝ち取ったファームジョブ!

『とにかくもう1人でやるわ!ありがとな!』とRogerとは別れました

Rogerと決別してから背水の陣でした

今まで助けてくれていた人はもういない

『何もかも自分でやってやる!オーストラリア に来た時みたいに!』

何かが軽くなった瞬間でした

ファームジョブでセカンドビザをとれる地域、なおかつメルボルン から行けて所持金の範囲内で、、、

探しだして辿り着いたのはMilduraという街

そして僕はこの街のバックパッカーやワーキングホステルへ連絡しまくりました

「すぐにできる仕事はないか」「いつでも行けるから仕事を紹介してくれ!」

しかし、「仕事あるけどブッキングが先だよShawn」来てくれたら仕事紹介するよ」と疑わしい返事が多かったです

この時僕の所持金はRogerからの借金を合わせて500ドルほどで、もう帰国するか突っ込んでいくかしか選択はありませんでした笑笑

でも、如何わしい情報に踊らされて飛び込んでいくほどバカではありません

確実に仕事をもらえないと意味がないから

しかし極限の状態に陥っていた僕は心身ともに疲れはてていました

当時、日本にいた彼女(今は一緒にオーストラリアにいます)は僕の疲弊していく様子に耐えきれず頭にハゲができたほどです笑

もうダメかも知らん、、、

ネガティブモードになった僕は日本の親友に「帰ろうかと思う」と相談しました

すると親友は

親友からのLINE

「お前の選択だから何を選ぼうとお前の自由だ。だがこんなところで帰ってきたってただの旅行で終わるんじゃないか? 今やっとスタート地点に来たんじゃないかと自分は思う。なるようにしかならないんだ踏ん張れや。」

泣きました。

こんなに熱く僕の背中をプッシュした言葉は僕の人生でありません。

そして僕は『帰国』という「保険」を捨て攻めに転じます

『直接電話したる!』

わけもわからないこともありましたがかけまくりました

Milduraにあるバッパーは全てかけたかと思います

そして遂に、、、、、、、、

『じゃあいつからこれる?すぐできる仕事あるけど?』

キタァーーーーーーーーーー!!!!!!!

仕事を勝ち取りました!

決まってからはすぐに現地までのチケットを購入しました

列車とバスの乗り継ぎです。

仕事が決まって翌日には現地へ向かっていました

あの時自分で決断しなければ、誰かに背中を押してもらえなければ、

僕のワーホリはつまらない旅行で終わっていたかもしれません。

行動は何かを変えるんだと学びました。

さて、不安もかなり有りましたがどうせもう帰ることなんてできません笑

僕が飛び込んだのはMilduraの隣にある小さな街

Red Cliffsというところです

バッパー名は「Red Cliffs Backpackers

このバッパーのオーナーはオージーのマイケルという人で、もともとはオーストラリアの空軍にいたそうです

人柄もよく面倒見は良かったのですがみんなには嫌われていました、、、(理由はいろいろあるんですけどね…)

ともあれ、到着翌日には仕事スタートだから!と言われて

初日のピックアップポイントを伝えられます

バッパーからは僕だけの出勤でした。

今日はここまで!この続きはまた書きます!

実際に働いたボスとの思い出を写真と一緒に:)

「え?ふたり…?」オージーのボスと2人でズッキーニに愛情を注いだ話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる