ただ今、Webサイト調整中です! お手数をおかけします...

「え?ふたり…?」オージーのボスと2人でズッキーニに愛情を注いだ話

こんにちはShawnです

今日は『這いつくばって手に入れたローカルファームジョブの話』の続きです

RedCliffs で出会ったオージーのボスにお世話になったお話

目次

Warrenとの出会い

念願のファームジョブ!やっとセカンドビザ取得に向けて進み始めた僕でしたが

英語もイマイチ、、、カネもない、、、クビになったらどうしよう、、、

ビクビクしながら初日を迎えました。

当日ピックアップしてくれたのは完全に現地の人でめちゃめちゃオージーアクセントのWarrenでした

僕はファームの事を調べていてたくさんの悪い記事を見たので

仕事の環境はどう?」「大変ですか?」など聞ける限りのことをWarrenにきいた

彼は快く応えてくれていろいろ教えてくれたが正直よくわからなかった、、、

わかったのはズッキーニのファームだってこと。

現場について作業のことを説明してくれて

僕の作業はズッキーニの苗の上に円状にかかっている鉄のワイヤーを引き抜いて片付ける作業

他にもふたりほどヨーロッパの人が働いていた

一見簡単そうなこの仕事。めちゃくちゃハードでした。

何本ものワイヤーを手に持ちながら果てしないズッキーニ畑を彷徨うんです笑

腕は悲鳴をあげ、手の皮は次第に剥けてくる。

これがファームジョブか、、、

でも、後には引けない僕はクビにされたくない一心で作業をしました

念願の給料も手に入れましたが一発目の給料はRogerへの借金返済(這いつくばって手に入れたローカルファームジョブの話 参照)で消えていきました笑

でもオーストラリア で初めて稼いだお金で買ったビールの味はうまかった、、、滲みました!

広大な畑のワイヤーを全て抜き終えると次は苗の整備

苗の周りには栄養があるため他の雑草も生えてくるし、ズッキーニは成長が早いため小さなうちから間引きをしなければ良いものは収穫できないとWarrenが教えてくれました。

ズッキーニの間引き作業

ちなみにこの時Warrenがファームのオーナーである事を知りました(遅い)

家族経営の小さな会社だけどフィールドはまじで広大

僕の必死さがWarrenに通じたのか彼はよく畑のことやオーストラリアのこと、動物のことなどいろんなことを教えてくれました。僕が外国人で英語がわからないのにも関係なく、僕の働きぶりを評価してくれてきちんと尊敬してくれる。

小さなミスは大きな声で笑って許してくれる。

僕はここにこれて本当にラッキーで幸せだな!なんて思いながら毎日楽しく仕事をしていました。

でも気づくとフィールドには僕とWarrenのふたりだけ、、、

ん?

他の人はどうしたのか聞くと

彼らは毎日は働きたくないんだ。いつも休みが欲しいっていうからじゃあ来なくて良いよって行ったのさ。」「俺が欲しいのはハードワーカーなんだよ!わかるだろ?

それってクビにしたってことやん、、、!!

ファイヤーを目の当たりにした僕はさらに気合を入れて働くことにしました笑

全ては美しいズッキーニのために!!

収穫の時期が近づき僕はファームに集中することにしました

生活サイクルは

朝4時Warrenがピックアップしてくれる

昼過ぎには暑くて仕事ができなくなる、終了

帰宅後はすぐにご飯

夜8時か9時には就寝

のサイクルでした。

そしていよいよ収穫の時が!!

 僕はズッキーニが小さくまだ花をつけていた頃から作業に携わっていたのでこの瞬間は感動的でした笑

知らない土地でボスとふたり作業を繰り返してきたので僕も

Warrenも出来上がったズッキーニに対してプライドや愛情みたいなものを持っていました

実際、Warrenのズッキーニは上質で出荷もすごく丁寧。

おそらく高級ズッキーニだったと思います。(メルボルン のレストランなんかに出荷すると言っていました)

How to Pick Zucchini!

収穫はトラクターが畑をゆっくりと走り

ピッカーがそれについていくというスタイルでした

トラクターの横には長いベルトコンベアがついていてピッカーが収穫したズッキーニをコンベアの上に置きます

コンベアの先には大きなバケツ(ビンと呼ぶ)がありそこにズッキーニが流れてくるといった仕組みです

僕はトラクターの後ろに乗り流れてくるズッキーニのヘタをきれいにしたり、ズッキーニがぶつかったりすれたりしないようにする役目でした

僕のほかにはマレーシアのプロファーマーたちがいて

彼らがピッキングをしていました。

シーズンが進むにつれて収穫量も増え

育ちすぎたズッキーニはまるでバットのような大きさにまでなっていましたね

Warrenに「ズッキーニがめちゃくちゃでかいよ!」というと

あぁそうだな!多分女の子が好きなサイズだぜ!笑」なんてオージー下ネタも炸裂したもんです。

ちなみに僕もたまにピッキングしたんですが

ズッキーニには鋭いトゲがあり

このトゲが刺さるとマジで指がパンパンに腫れます!!!(おそらく何かしらの毒素があるはず!)

この腫れは恐ろしく、まともに指がまげられなくなりました、、、

走り出したヤツが…

マレーシアのワーカー達とも少しずつ仲が良くなり

僕が日本人だというとしきりに「マリア・オザワ!?」「マリア・オザワ知ってるか!?」と聞いて来ました

一体誰なんだろ?って気になって調べてみるとマレーシアで有名なAV女優だそうで

マレーシア男子達は大好きなんだそうです笑

みんなすごく気のいい連中でたまにタバコをくれたり、「アリガト」と日本語で言ってくれたりすごく明るくフレンドリーな連中でした

ある日、マレーシアのワーカーのMickに「マレーシアの人は何のVISAで滞在しているの?」と聞くと自分はワーカーのビザを持っているけど結構VISA無しでいるヤツが多いよと、、、

そう、不法滞在で出稼ぎに来ている人も中にはいるそうなんです

オーストラリアの時給で働いて貯蓄を母国に持って帰ったとしたらかなりの大金です

彼らにとってはオーストラリアンドリームです!

僕は興味本位で「でも、どうやってそんなワーカーを見分けるの?」と聞くと

Mick簡単だよShawn!たまに政府の連中が視察に来るんだけどな!そん時に走って逃げ出した奴はVISA持ってねぇヤツさ!!

マジか、、、

彼らの厳しい世界を知った瞬間でした。

Warrenが僕に教えてくれたこと

ボスはたくさんのことを教えてくれました

例えばズッキーニは受粉させて実を取るのですが

Warrenはファームの近くにそのための養蜂の箱も設置していました

(この取れたての蜂蜜もいただきました!すげぇ美味かった…)

ズッキーニ畑から取れた蜂蜜!

外気温が15度以上にならなければズッキーニの花の受粉に必要なハチが動き出さないこと

蕾ができて花が咲いてから4、5日で収穫になること

出荷までにはクリアしなければいけない基準があり細胞テストを定期的に行うこと

細胞テストの成分表

ハチは一生のうちスプーン一杯ぶんの蜂蜜しか集められないことなどなど、、、

野菜作りは簡単ではなく気候との駆け引きや、きちんとしたプロセスを踏まないと決していいものはできない

Warrenがプロであり情熱を持って仕事をしていることを彼から学びました。

僕はどれもとても興味深くいつもいろんなことを質問するので

Shawnはいつかズッキーニ育てるんだろ?」なんてからかわれてましたね

フォークリフトも運転させてくれました

出荷とシーズンの終わり

ピーク時にはピッキングしたズッキーニが多すぎてボスの家にいき出荷のお手伝いもしました

家には3匹のかわいい犬がいて何度も行くうちに僕のRedCliffsでの初めての友達になりました笑

しかし、遂にその時はきてしまいます、、、

ある日Warrenから電話が入ります

Warren「Shawn…シーズンが終わりだ。君は本当によくやったよ。素晴らしい仕事だった

僕「え!?シーズン終わり!?なんで!?」「フィールドにはまだまだズッキーニあるのに!

Warren「あぁぁ…マーケットの価格が下がっちゃったんだ。だからこれ以上は取らないんだよ

僕「そうなんだ…他にはなんか手伝いできることある?何でもいいからWarrenと働きたいんだけど!

Warren「今んとこないなぁ…畑の片付けはするけどまだ先なんだよ。ごめんな

突然でした

他のワーカーに挨拶すらできず。

上手くWarrenに感謝の気持ちすら伝えられないまま僕のズッキーニの仕事は終わってしまいました、、、

まだ88日も働いてないし

突然仕事を失い

どうしよーーーー!!泣

とかなり落ち込みました。

でも、ボスが悪いわけではなく個人で経営していることもあったのでワーカーを抱えるのは大変なんだろうなと正直納得でした。

何よりも僕自身彼と働けて幸せだったので何の後悔もありませんでした!

でも、いつかWarrenのファームには挨拶に行きたいなと思っています。

今度はあの時の気持ちを少しでも伝えたいなと思います!

そんな僕の初ファームでした!:)

こちらもどうぞ!!↓

這いつくばって手に入れたローカルファームジョブの話

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる