ただ今、Webサイト調整中です! お手数をおかけします...

ファーム生活で見たヤバい生き物、植物の話まとめ。レッドバック、スリーコーナー、ブラウンスネークetc

こんにちはShawnです。

最近、世界でも有数の猛毒の草「ギンピー・ギンピー(gympie-gympie)」についてオーストラリア クイーンズランド大学(University of Queensland)の研究チームが新たな発見をしましたね!

そこで今日は僕がオーストラリアのファーム生活中にみたヤバい生き物、植物についての話です。実際、目にしたことがあっても名前も知らないし、そもそもファーム生活以外でそんなに興味持って調べない話だと思うんですがトリビア程度にどうぞ!笑

目次

レッドバックスパイダー(セアカゴケグモ)

オーストラリア ではけっこう有名なんですけど僕はファーム中よくこいつを見かけましたね。

特に、ブドウの畑の中で見ました。

一緒にぶどう狩りをしていた日本人の男の子は見つけるたびに「Shawnさん!!レッドバックいたっす!!」っと教えてくれたもんです。笑

また、別の友人はこいつに噛まれ数日寝込んでいたこともありました…。大事ににはいたりませんでしたが危険です。

ブラウンスネーク(イースタンブラウンスネーク)

こいつはVICのブドウ畑で見ました。発見当時は友人に「Hey Shawn!I found Snake!!」と言われ興味本位で見に行ったのですが後で調べたらマジでヤバいヘビでした!!

なんと陸上で生息する蛇の猛毒ランキング2位にランクされているらしい猛毒のヘビだったんです!!

オーストラリア国内では、2000年から2016年までに35人がこのヘビに噛まれて亡くなっているそうです…。

もしもあの時間違ってでも噛まれていたら僕は死んでいたでしょう。

ブルアント(Bull ant)

写真はWikipediaからですが、こいつらはめちゃくちゃでかいです。

一瞬「え?これアリ?」ってなるくらいデカく他のアリと個体差があります。僕が見たのは若干青みがかっていたり、少し赤みがあったりと色が特徴的だった覚えがありますね。

あとは顎がデカいです!そしてどうやらお尻に針も持っているそうで完全武装したアリです。

初めて見た時ファームのオーナーが「こいつに噛まれたら火傷みたいに痛むぜ!」と教えてくれました。

実際に刺された人もいて傷口は大きく腫れ上がっていて何がなんでも絶対に刺されたくない!と思いました…。

スリーコーナージャック(three corner jack)

ある日バッパーの部屋の中を裸足で歩いていると足の裏に激痛が走りました。

「いってぇーーーーーー!!!」

と、見てみるとまるで忍者のマキビシのようなものが足の裏に突き刺さっているではありませんか!

しかもよくみるとあたりにはいくつも転がっている…最初はなんなのかすら分からず突然刺さり痛むことから僕らは「サンダー」と呼んでいたのですが、後でAussieの方に聞いてみると「スリーコーナージャック」と言う名前だと知りました。

Wikiで調べてみるとオーストラリアでは様々な名前で呼ばれているようですが、個人的にはdevil’s face,(悪魔の顔)、devil’s thorn(悪魔のトゲ)が気に入りました。笑

スティンギングネトル(Stinging Nettle)

こやつはどこにでもいますが僕が出会ったのはやはりファームの中ででした。

小さな鋭いトゲがあって一瞬触れただけでも「チク!」っとします!厚手のズボンを履いていれば大丈夫なんですが、レギンスでは刺さりました。移動のたびに刺さるこいつらの忌々しさといったらもう….。

刺さると1分ほどはチクチクしてたまに痒みもありました。そして忘れた頃にはまた刺さるの繰り返し。イラつきながら作業を続けた記憶があります。笑

僕らは「チキチキ」と呼んでいましたがAussieに聞くとスティンギングネトル(スティンギングニードル?)と言っていました。

謎の草。

コレの名前はわかりませんでした。どなたか知っている方いれば教えてください。

見た目がこんなにも攻撃的な草僕は見たことがありませんでした。笑

被害は特にありませんでした。

最強編〜ギンピーギンピー(gympie-gympie)〜

僕はまだ見たことはありませんが一応こいつの存在を捕捉的にまとめておきましょう。

万が一見つけたら絶対に触ってはいけない世界最強の草です!笑

その表面はおびただしい数の神経毒を持った小さなトゲで覆われていて一度刺さると2年もの間痛みが持続してしまうほど!

以前この草を知らずにトイレットペーパー代わりにギンピーギンピーでお尻を拭いてしまった人がいて、あまりの痛みに耐え兼ねたこの人は拳銃で自殺してしまったそうです。そうしてついた名前が「スーサイド・プラント(自殺植物)」だそうです…。

そして、2020年9月オーストラリア クイーンズランド大学(University of Queensland)の研究チームがギンピーギンピーについて新たな発見をしました!

それは、ギンピーギンピーの持つ神経毒には今まで知られていなかった新しいペプチド(ギンピータイドと命名された)が含まれていると言うことで、この新ペプチドが人の知覚を司る部分を恒久的に変化させてしまうんだそうです!つまり、神経回路を永遠に変化させることで痛みがずっと続いちゃうんです。

恐ろしすぎるだろギンピーギンピー…。

ちなみに、ギンピーギンピーはQLDの北東部、熱帯地域に分布しているんだそうです。うっかりハイキングで触らないように注意ですね…。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

オーストラリアには攻撃的な草や猛毒の虫、動物がたくさんいますね〜

自然界のものなので自分で気をつけていくしかありませんが、うっかりで死んでしまいたくないものです。

んじゃ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる