ただ今、Webサイト調整中です! 見づらかったらごめんなさい!m(._.)m

Airlie Beach(エアリービーチ)で「ワーホリ休暇!」4日間滞在、観光してみた!

こんにちはShawnです。

今回は観光地エアリービーチに彼女のSunnyと滞在、観光したお話です。居心地が良すぎてトータルで4日間滞在しました!

現地のオーストラリアの方々や、多くのバックパッカー達に人気の観光地、エアリービーチについてです。オススメの過ごし方や現地の様子写真がありますので、ぜひ観光の参考にどうぞ!

目次

Airlie Beach(エアリービーチ)

僕らがこの場所を知ったのはロードトリップ中に出会った、あるAussieのおじさんがきっかけです。

ある日海へやってきた僕たちは桟橋をぶらぶらと歩いていると、気さくなおじ様が話しかけてくれました。

「Airlie Beachって知ってるか?」「ゴールドコーストよりもリーズナブルで海もきれいだぞ!」

この言葉を聞いて僕らは何も知らないままエアリービーチへ行く事を決めました。

調べてみると、ここの街はWhitsundyという地区にあたり、沿岸部に位置するリゾート地!近くには「グレートバリアリーフ」や「ハートリーフ」があります。

また小さな島々(Whitsundy Islands)が海に浮かんでいて、さながら「地中海」のような雰囲気を醸し出しています。

アパートメントホテルで「マイペースに宿泊!」

エアリービーチで僕らが2泊滞在したのはアパートメントタイプのホテル。

Whitsunday Vista Resortというところです!

部屋で料理をしたり、自分たちのペースで宿泊できる事やメインストリートから離れていて、静かで落ち着いていたのも決め手になりました!場所は離れているけれど、メインのストリートまでは歩いて5〜7分ほど!

部屋のタイプは何種類かありましたが、基本的に広いバルコニーが付いています。作った夕食もここでゆっくりと景色を見ながら食べることができます。

その他、広めのキッチンやバスタブ付きのお風呂、洗濯機もありましたね!旅の途中だったり、中期での宿泊には最適だと思います。

僕たちは$138で一部屋借りることができました。(1人$69)

ただ一点だけ残念だったのが、他の部屋の水を流す音が結構聞こえてくること、、、。

朝方、隣の部屋からお風呂(?)か何かを使った、大きな水の流れる音が聞こえてきて二人で目を覚ましました。笑 そのほかは完璧。

キャラバンパークに泊まるならここ!

エアリービーチ近くのキャラバンパークに泊まるならここがオススメです。

僕たちが実際に泊まったのはBIG4 Whitsundays Tropical Eco Resortというところ!

僕たちはキャラバンへの到着が遅くなってしまい、到着時すでに受付が閉まっていたのですが受付センター横に、予約したサイトの案内と施設内の注意事項などの紙がしっかりと僕たち宛に貼ってありました。

施設の設備も清潔に保たれていて、割と新しい感じでしたね。

トイレやシャワーブースも十分な数がありました!

中には小さな宿泊用ロッジもあったので、テントや車中泊以外の方法もできると思います。

*余談ですが、ツアーなどでここを拠点にする場合は注意!

エアリービーチ周辺にはもう一ヶ所「BIG4」があるので、ピックアップなどをお願いする際にはしっかりと「Tropical Eco Resort」であることを確認しましょう! 僕らは、ここからグレートバリアリーフへの観光飛行(シネリックフライト)へ向かいましたが、ピックアップの際運転手さんが間違って、もう一方のBIG4へ!!笑 危うく乗り遅れるところでした!

エアリービーチ での過ごし方!

エアリービーチ自体は結構小さな街なのでメインストリートなんかは丸一日あれば攻略できてしまうでしょう。

僕たちは、貧乏ロードトリップの最中に寄ったのであまり飲み歩いたりはしませんでしたが、街の中にはクラブやおしゃれなバーなんかがいくつもあって、ガヤガヤと仲間と飲んだり盛り上がったりっていうのも楽しいと思います。

メインストリートにはお土産屋さんやオシャレな雑貨屋さんなんかもあります。

バッパーもいくつかあるので、旅の最中の他国の人とも交流ができそうな感じでした!

僕らもインドの方に声をかけられて(日本語で!)写真を撮ってあげてちょっとだけ話したりもしました。いい出会いもありそうな場所です。

ゆっくりと日光浴をしたりして過ごすなら「ラグーン」周辺がオススメです!

無料ですし、きれいです。

観光するなら土曜日!「Whitsunday Saturday Markets」

メインのビーチ周辺で行われているのが「サタデーマーケット!」

僕たちもこのマーケットには行きましたが、なんだかいろんなものがあってワクワクしっぱなしでした!観光地らしい雰囲気と、オシャレな出店がたまらなくマッチしています。

Sunnyもここで「可愛い帽子」と悩みに悩んで「アンクレット」を購入。

旅の後もずーっと愛用しています。笑 

皆さんも旅の思い出に何か探してみてはいかがでしょうか;)

グレートバリアリーフまで行ってみちゃう!?

せっかく世界遺産のグレートバリアリーフ近くにいるんですもん。

ツアーに参加するのもアリ!一生の思い出になること間違いなし!

僕たちもツアー初心者ながら現地サイトを利用して”2日前にチケットを購入!”

当時、本来の半額の値段でウィットサンデー諸島とハートリーフを見に行く観光飛行を体験しました!!(70分間!送迎付き!)

詳しくはまた記事にて!

地元の”クラフトビールを楽しむ!?”

実はこのトピックは調べただけで、実行できませんでした、、、。

ぜひとも、どなたか飲んだ方がいれば教えてください!

エアリービーチ周辺には近年できたばかりの「地ビール」の醸造所があるらしいんです。

名前は「WHITSUNDAY ISLANDS Brewing Co」

僕はこのビールが飲んでみたくて、Sunny(彼女)が水着を選んでいる間一人ずっと調べてました。笑

街の中にあるリキュールショップは何軒か見に行ってみたのですが、見当たらず、、、。

噂によるとどこかのバー(KC’s Food & Beverage? )でのみタップビールがあるとか無いとか。

定かじゃない情報なので悪しからず、、、。

まとめ!

いかがでしたでしょう!

現地オージーにも、旅人にも愛されるリゾート地「Airlie Beach(エアリービーチ)」一度訪れてみてはいかがでしょうか。オーストラリアワーホリ中の皆さんも、「ちょっと疲れたなぁ、、、」なんて時にはここエアリービーチに「ワーホリ休暇」として訪れるのもいいかもです!

んじゃ!

あわせて読みたい
Townsville(タウンズビル)観光「街歩きオススメポイント!」 こんにちはShawnです。 今回はロードトリップ中に訪れたタウンズビルについての話! 街を歩いてみて思ったこと、観光名所であるCastle Hill Lookout(キャッスルヒル展...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる