ただ今、Webサイト調整中です

【徹底解説】サードビザ申請方法:オーストラリア ワーホリ経験者が解説

オーストラリアサードビザ申請方法
Shawn

みなさんファームジョブお疲れ様です
Shawnです


2020年7月からオーストラリア ではサードビザの申請が可能になりました。
ここでは僕が実際に6ヶ月間ファームで働いてサードビザを申請した体験談を紹介します。

この記事では

オーストラリア:サードビザ申請の方法を写真付きで、解説しています。

大まかな「申請手順、必要書類」なども細かく紹介しています。
ご自身で申請する方は参考にしていただけると嬉しいです。

この記事を書いた人

「オーストラリアワーホリ3年」+「パンデミックビザ1年目」の在豪4年目のアラサーです。

  • サードビザ取得のためにファームで「211日間の実労働」を終える
  • 2020年9月:サードビザ申請→Bridging A Visa取得
  • 2020年10月:サードビザに関する「追加書類」を提出
  • 2021年3月:サードビザ取得

追加書類の提出を求められた場合
s56 Request for More Information へのアプライについても別記事で紹介しています。

【重要】
この記事での解説・紹介はエージェントや友人などのヘルプを受けずに自分で申請を行ったものです。
あくまで僕の体験談です。実際の申請の際には、「十分な情報収集と準備」をオススメします!
尚、申請の結果に関して当サイトでは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

目次

サードビザ申請の大まかな流れ

申請するのは 「Third Working Holiday Visa(subclass 417) 」です。

主な流れはセカンドビザ申請と一緒です。

個人情報や健康状態などを「YES」か「NO」で答えていきます。
(僕の場合は全部で12ページのプロセスがありました。)

申請の最後に自分の持っている「1263Form」などをアップロードし、ビザ申請費用を払っておしまいです。

サードビザとセカンドビザは質問内容などが違う部分も一部ありました。
ですので焦らずに、質問の内容などをしっかり確認しながら進めてください。

ビザ申請のために準備する物

  • 1263form
  • 働いた期間のPayslip
  • パスポートの写真
  • Bankの残高証明書(英文の物): 口座に$5000以上あること(Proof of Account Balance)
  • Piecework Agreement(あれば更に良し)
  • Bunk Statement (あれば更に良し)(サードカウントし始めた日から終わった日まで)
  • Visa申請費用($495)←Australian Government Immigrationのページ参照(僕は$491でした)

日本国内からサードビザを申請する場合には、必ず「英文の残高証明書」を準備するよう気をつけましょう。
楽天バンクを使っている方は、ネット上から発行の手続きができますよ。

注意事項と補足情報

経験から3つの注意事項と補足情報を記載しておきます!

①注意事項:事前準備をオススメ

①:データ類は全て「PDF・PNG・JPGなど」に書き出しておく

②:データは「iCloud かPCのデスクトップ」に保存しておく

申請の際に「給料明細や残高明細書」などをアップロードするのですが、データ類は全て「PDF・PNG・JPGなど」に書き出しておきましょう。

僕はデータ類を全てGoogle driveに入れて管理していたのですが、アップロードする際にはGoogle driveから直接できませんでした。
アップロードする量が多いので時間が無駄になります…。

デスクトップやiCloudなどに保存しておくことで直接ImmiAccoutの申請ページへアップロードできるので、スムーズだと思います。

②注意事項:Payslipは全て提出しましょう

6ヶ月分のPayslipは大量にあるかと思いますが、サードビザ申請のための「日数カウント開始日からの全て」をアップロードしてください。(友人は全てのPayslipsをアップロードし1ヶ月ほどでサードが取れていました。)

僕は最後Payslipにトータル労働日数が記入されていたので1枚だけ提出したところ、追加での提出を求められました、、、追加書類についての記事は以下にありますので求められた方は参考にどうぞ。

③補足情報:1263formについて

サードビザ申請のための日数には様々な話を聞きます。
6ヶ月でいいとか、セカンドの日数の2倍(88×2=176日)とか…。

僕は確実にビザを取得したかったので、「実労働で176日以上働く」ことを目標にして申請しました。
(最終211日働きました。)

④補足情報:Bankの残高証明書について

僕はWestpacを使っていて、提出した残高証明書は電子版のものです。

スマホの各種バンクアプリからか、各銀行のホームページからダウンロードできるはずです。

必要になるのは「Proof of Balance」というものです。
この時、おおよそ$5000ほどの残高があることが条件ですので注意!(大金ですよね…。)

サードワーキングホリデービザ申請の手順

ImmiAccountへログイン

Immigrationの自分のアカウントからログインしてください。

ImmiAccount

ログインできたらページ左上の「New application」をクリック。


ページが移ったら「New application」項目一番下に「Working Holiday Maker」があります。

Working Holiday Visa(417)」を選んで申請を開始しましょう。

申請ページ序盤

実際のところ4ページまでくらいは、個人情報を打ち込んでいくだけの簡単な作業でしたので割愛します。

以前提出した情報が分からない場合は?

前回のビザ申請時に、自分が入力した内容を自分のImmiAccountへ戻ると確認することができます。
(セーブボタンの並びにあります。)
パスポートナンバー、日本の住所(英語表記)など…。
前回の「Visa Grant Number」もここで確認できますよ。(わざわざビザを探さなくてもOK!)

「visa grant number」はここで確認できます

各ページにはセーブボタンがありますので、こまめにセーブしながら進めて行きましょう。
もしも、「分からないところ」や「何を問われているのか心配になった場合」は、質問ボックス右側の『?マーク』をクリックすると詳細が確認できますので、翻訳などしてみてください。

6ページ目

「ビザの申請者以外に代理で受け取る人がいるかの問い」

僕はいないので「NO」 にしました。

オーストラリアサードビザ申請解説5

7ページ目

「職と学歴についての問い」

僕はずっとファーム生活をしていたので「Farm worker」にしました。

学歴についてはそれぞれあると思いますが、僕は特に突筆できる物は無かったので「Other」を選択。

オーストラリアサードビザ申請解説6

8ページ目

ここからは「実際に働いた場所の情報」を入力します。

「Add」を押して詳細を入れていきましょう。

オーストラリアサードビザ申請解説7

「Add」とクリックすると以下のページに移動します。

オーストラリアサードビザ申請解説8

僕は 「Legal registered name」 と 「Trading name」がよく分からなくて『?マーク』で確認しました。

ボックス右の「?マーク」で確認

「Legal registerd name」 は実際に会社名として届け出されているもの
「〜Pty Ltd」などになってるかと思います。

「Trading name」は会社の呼び名ですかね。
例えると輸送業なら〇〇Exports、食品加工なら〇〇Foods、〇〇Berriesみたいな…。

Shawn

すみません。
詳しく無いのでニュアンスです…。

以下同じ「8ページ」の画像です。

Work conditions」には雇用形態、働いた仕事の種類、実際に行ったことなどを入れましょう。
(写真見えづらくてすみません….)

オーストラリアサードビザ申請解説11
「Work conditions」の項目:補足と例

一部補足と例を記載しておきますので、参考にしてみてください。

Employment type

直雇用の場合は「Direct employment 」です。
自分がどのように雇用されていたか確認してみてください。

Industry type

農業の場合「Agriculture」です。
行った職種で選択は変わるかと思います。

Industry type sub-group

当てはまるものがあれば選択。

Description of duties

仕事の内容を記入しましょう。


Picking asparagus , trimming and packing Grapes.

Total hours worked

僕の場合ここはだいたいで、大まかに計算を出しました。
「1日の稼働時間8時間×労働日数で計算しました。」

6ヶ月間のファームジョブ(サード日数カウント期間)で、
複数の会社で働いていたのであれば「Addボタン」で追加していきましょう。

オーストラリアサードビザ申請解説13

9ページ目

「健康状態についての問い」

オーストラリアサードビザ申請解説14

10ページ目

「犯罪歴などに対する問い」です。

オーストラリアサードビザ申請解説15

11ページ目

「サードビザについての内容に同意するかなどの問い」

内容は6ヶ月まで同一雇用主の下働ける、4ヶ月間は修学を許すことなど。

ここで最後の問いですがBush fireのリカバリーに従事した人に対しての問いがありました。
詳しくは調べていませんがおそらくリカバリーの作業に従事された方もサードビザのカウント権利をもらえるとか、報奨金などの措置があるのかと思います。
2019年〜2020年にかけてオーストラリアは記録的な山火事「Bush Fire」に見舞われました。

オーストラリアサードビザ申請解説16
オーストラリアサードビザ申請解説17

12ページ目

「ビザを申請するにあたって嘘はないか、オーストラリアの文化について理解するかなどの問い」

オーストラリアサードビザ申請解説18

各書類(ドキュメント)のアップロード

「Attach documents」のページまで進んだら、もう一息で終了です。

各書類は1つずつ確実にアップロードしていきましょう。
アップロードするドキュメントに漏れは無いかしっかりと確認しながら進めてください。

たくさんアップロードすることになるかと思うので、
分からなくならない様にあらかじめ「番号」や「日付」などでまとめておくとスムーズだと思います。

Attach documents のページ
Travel Document

パスポートの情報をアップロード。

Evidence of funds for stay in Australia and departure

残高証明書をアップロード。($5000以上あることを証明しましょう)

Evidence of specified work(for third 417 visa)

ペイスリップ(給料明細)をアップロード。

その他、サードビザ申請にあたって指定された職業に従事していた証拠を全てアップロード。

例:1263form、出来高仕事の同意書(Piecework Agreement)など

サードビザ申請を確定、Visa申請費用の支払い

全てのデータをアップロードし終わったら、「Submit Application」で申請内容を確定します。

その後、ビザの申請費用を支払うページに移るので費用を支払っておしまいです。

申請費用の支払い後


僕の場合はすぐにガバメントからメールは届き、「Bridging A visa」へと切り替わりました。

補足ですが「Bridging A visa」の間は出国できないそうです。
緊急で出国が必要な方は「Bridging B visa」を申請することになるそう。

お疲れ様でした。

何はともあれサードビザ申請はこれにて終了です

セカンドビザやファーストビザと違って、ビザ取得には少し時間がかかるみたいですが気長に待ちましょう。
僕らには自分たちで勝ち取ったサードビザの権利があるんですから

コロナ禍でビザ申請を行った僕は、サードビザ取得まで約半年ほどかかりました。

オーストラリアでの長いファーム生活を終え、サードビザを申請した皆さんのワーホリ最後の1年が、
より実りあるものであることを祈っています。

Shawn

ビザ申請お疲れ様でした!
身体に気をつけて3年目も楽しんでください!

このページを見て申請が「うまくいった!」などの情報があればとても嬉しいです。
InstagramTwitterなどからのDMでも構いませんのでご連絡いただけると喜びます。
それでは!:)

【もしも追加書類を要求されたら?】

サードビザ申請後、「追加書類」を求められる場合もあります。
以下の記事を参考にしてみてください。

オーストラリアサードビザ申請方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次