ただ今、Webサイト調整中です

パンデミック408ビザとは?「条件・内容・保険について」まとめ

こんにちはShawnです。
オーストラリアのみならず世界的にもまだまだコロナとの戦いは終息を迎える兆しが見えませんね…。

現在、オーストラリアに滞在している方で「パンデミックビザ」の取得を考えている方へ
必要になった書類、申請してみて分かったことなど、僕の知っている範囲で記事にしてみました。

#あくまで体験談であり素人解釈なので、参考までにお願いします…。
なお今回は、自分含めてワーホリで滞在している方に受けての情報のシェアです。
学生ビザの方などは色々と条件が変わるかと思うので、専門の方に相談したり情報集めすることをオススメします。

目次

パンデミックビザとは?

いわゆる「パンデミックビザ」と言われているものは、
「Temporary Activity visa (subclass 408)」のことでした。(一部GG/408 visaとも呼ばれている模様。)


この一時滞在ビザの枠組みの中に、オーストラリア移民局が緊急措置的に発行しているのが「パンミックビザ」です。
以下に移民局が出している、パンデミックビザについての詳細リンクを貼っておきますので、確認してみてください。

Australian Government endorsed events (COVID-19 Pandemic

移民局ではこのパンデミックビザの申請にあたって、「申請方法と、ImmiAccount上での操作方法」もPDFとして出していました。僕が申請の際にはこの情報を参考に申請を行いました。
こちらも、以下にリンクを貼っておきます。(一部ページが違っていたりもしたので、最新ではなさそうです。

Applying for a temporary COVID-19 Pandemic event visa to remain in Australia to work in a critical sector

今回、僕はサードワーキングホリデービザの期限が切れてしまうにあたって、パンデミックビザを申請しました。
パンデミックビザ申請直後に「ブリッジングビザA」に切り替わり、追加書類を求められ提出。
その後パンデミックビザが承認されています

*2021年10月22日。
申請約2ヶ月後にパンデミックビザが無事おりました。

ビザについては、準備などに時間がかかりましたし、質問内容なども難しい内容があったりで、少々手こずりました。

実際の申請ページと一緒に、方法を解説した記事を作りましたので、以下を参考にしてみてください!

【申請方法】パンデミックビザ申請方法を画像付きで解説!

Shawn Blog
【2021最新】現地OVHC保険に入ってみた!(Allianz Care)パンデミックビザ対応 こんにちはShawnです。今回は、「パンデミックビザ申請」にあたって必要になった、OVHC(Overseas Visitors Health Cover)保険に入ったお話です。 基本的なOVHC保険のなど...

パンデミックビザの内容

あらためてパンデミックビザの内容、基本情報をまとめてみたいと思います。
どうしても英語サイトで調べると時間もかかるし、たくさん情報量がありますからね…。

絶対必要条件

移民局に記載されているのは

  • apply online(オンラインで申請)
  • be in Australia(オーストラリアに滞在している)
  • maintain adequate health insurance during your stay in Australia(オーストラリア滞在中は健康保険に加入していること)

と、ありました。
特に3つ目の健康保険に関しては、必ず加入しなくてはいけず、申請の際保険会社の情報をアップロードする項目がありました。(OVHC保険)
保険については、別の記事を作りましたので下まで進んでみてください。リンクがあります。

現在重要セクターで働いている人(critical sector)

重要セクター(critical sector)とは?
移民局のサイトで定義されているのは、agriculture, food processing, health care, aged care, disability care, child care, or tourism and hospitalityです。

移民局のサイト
・雇用主からの雇用の証拠(証明書)があること、または雇用の申し出(Job offer)があり永住者やオーストラリア人が賄いきれないポジションの仕事である証明。
・申請者のビザの状況が、現在のビザが切れる90日前から、または28日以内にビザの有効期限が切れている場合。

僕の場合、現在も重要セクターで働いているので最新のPay Slipを添付し、特にJob offerなどは添付しませんでした。
もしかすると、追加書類を求められるかもしれません…。

追記
案の定ですが追加書類求められました。笑
別で記事にしたので、連絡きた方はこちらの記事をどうぞ!

パンデミックビザ(テンポラリー408ビザ)で追加書類を求められた場合の提出方法と書類

申請時に準備したもの

  • パスポート情報
  • 最新のPay Slips
  • バンクの残高証明書(Proof of account balance)
  • バンクの取引明細書(Statement of recent transactions)
  • OVHC保険のレター(Letter to provide to the Department of Home Affairsと書かれたもの)
  • OVHC保険の証明証(Overseas Visitors Health Cover – Certificate of Insurance)

実際の申請時の画面

滞在できる期間

重要セクター(critical sector)で働いている場合は最大12ヶ月、間滞在可能です。
重要セクターで働いていない場合は最大3ヶ月。

そして現在すでにパンデミックビザで滞在中の人にも、次のパンデミックビザを申請、取得できる可能性があるそうです。
・オーストラリアに留まり重要セクターで引き続き働く意思がある人
・オーストラリアを出国できない人(コロナの影響で飛行機が無いなど)
の条件。

僕の友人にも、実際に現在2年目のパンデミックビザで滞在中の人がいます(重要セクターで働いています。)

申請費用

移民局のサイトにもありますが、申請費用はかかりません。(しかし一定の貯蓄がある証明は必要)
僕が申請した際には、費用についての質問のページがあり、`YES`を選ぶようにと書かれていましたので選択しました。

しっかりと領収証も来ました。


オーストラリアにある、様々な日本人留学エージェントの方々が運営しているサイトなどでも、詳しい情報が載っていますので、申請の際には情報を集めるといいと思います。
僕が、主に参考に拝見したのは以下の二つ!(リンク貼っておきます)

「SOL留学・移民」さんのページ
【2021年最新情報】 学生ビザの就労時間緩和とパンデミックビザについて!

「ジャパンセンターオーストラリア」さんのページ
ワーホリの皆さん!パンデミックビザの最新情報です

取得までにかかる時間

特に明記されていません。
僕の周りでパンデミックビザを申請した人の中には「現在のワーホリビザが切れる2日前」に申請し「1週間で降りた人」もいましたし。
申請して「半年以上ブリッジングビザだった人」もいます。

僕は現存のビザ(サードワーホリ)が切れる、約1ヶ月前にパンデミックビザを申請しました。
その後、約2ヶ月後にビザがおりました。

OVHC保険について

申請にあたって必須になっているのが、OVHC保険(Overseas Visitors Health Cover)です。
今まで全く聞くことのなかった保険だったので、馴染みがありませんでしたが海外の在住者向けの保険みたいです。

オーストラリア政府でも詳しい説明のページが設けられていて、一部のビザを申請するためには必須の条件になっているようです。
Overseas Visitors Health Cover – Private Health.gov.au

ちょうど現在入っている保険( Bupa)の更新もあったので、ビザ申請前に入りなおしました。
政府推奨では少なくとも三件くらいは比べてみてください、みたいなことが書かれていましたね。

保険会社選びに関して参考にしたのはこの比較サイトです。
OVHCの料金比較サイト→ OVHC Insurance

最終的に僕が選んだのはAllianz careという保険会社です。
友人はmedibankに入っていましたが料金もそんなに変わらないので、安いAllianz Careを選びました。
ちなみに、こちらのサイトには日本語翻訳ページがついているので分かりやすかったです。

参考までに、僕がビザ申請時に提出したAllianz CareのOVHC加入証明書(Certificate of Insurance )の写真を載せておきますね。
OVHCに加入すると、このような証明書が発行されるので、これをビザ申請時にアップロードします。

税金について

注意したいのがパンデミックビザの税率についてです。
ありがたいことに、ATOに質問している方(おそらく日本人の方)がいらっしゃいました。
なんとこのパンデミックビザの税率は32.5%とあります。(所得の3割は税金に消えていく…。)

実際のATOでの質問のやりとりはリンクを貼っておきますので参照ください。
Answered: Covid 408 visa tax percentage – ATO Community

最後に

最後になりますが僕自身が、アグリカルチャー部門で働きながらの申請だったので、若干情報が方寄ってしまっています。
その点はご了承ください…。

調べることもたくさんあるし、状況も刻々と変わるので大変ですが、みなさんのビザ申請の参考にしていただけたら幸いです。

TwitterInstagramもやっています!
無言フォローも大歓迎ですので、よろしければ仲良くしてください♪

パンデミックビザ(テンポラリー408ビザ)で追加書類を求められた場合の提出方法と書類

Shawn Blog
【2021最新】現地OVHC保険に入ってみた!(Allianz Care)パンデミックビザ対応 こんにちはShawnです。今回は、「パンデミックビザ申請」にあたって必要になった、OVHC(Overseas Visitors Health Cover)保険に入ったお話です。 基本的なOVHC保険のなど...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次