語学学校の費用を抑える11個の方法を紹介!上手に節約して海外へ行こう

当ページのリンクには広告が含まれています。

海外での語学学校の費用って、なんとかして安くならないかなぁ。

ボクホリ

留学の語学学校費用って、めっちゃ高いですよね。
数十万円ってかなりの出費ですもん。
できれば費用を抑えたいところです。

「語学学校に通ってみたいけれど、費用がなぁ…」

海外で外国語を学んでみたいけれど、費用が高くてなかなか一歩が踏み出せない人は多いはずです。

著者も初めての海外生活で、語学学校へ通いましたが『費用の支払いの際には緊張で震えた記憶』があります。笑

そこで語学学校の費用を抑える方法を調べてみました。

また著者の経験からの情報も一部紹介しています。

学費を抑えたい人の参考になれば嬉しいです。

この記事でわかること
  • 語学学校の費用を抑える具体的なポイント

ワーホリに向けて準備している人は、ワーホリで語学学校へ行く際の費用の相場も記事でチェックしてみてね。

目次

語学学校の費用を抑えるポイント

この記事で紹介する、語学学校の費用を抑えるポイントを一覧にまとめます。

語学学校の費用を抑えるには、以下のようなポイントに注意するといいでしょう。

  • 通う学校のクオリティを下げてみる
  • 夜間のコースを選ぶ
  • 物価の安い国で学ぶ
  • 物価の安い地域で学ぶ
  • 早期予約などの特典を利用する
  • 長期間のコースを選ぶとお得になる
  • 学生が少なくなるオフピークを狙って入学
  • 現地で自炊して食費を抑える
  • 滞在先は自分で料金を比較する
  • 学校まで近く交通費が安いエリアに住む
  • アルバイトで生活費を稼ぐ

上記の内容を実践すれば、語学学校にかかる費用を抑えることができます。

ボクホリ

自身にとって重要なポイントを確認しながら、費用を抑える参考にしてみてください。

語学学校の費用は「学び方」で抑えられる

語学学校の費用を抑える方法の一つに「学び方」があります。

具体的に言うと、

  • 学校のクオリティを下げる
  • 夜間のコースを選ぶ

などです。

さらに解説します。

学校のクオリティを下げると費用が下がります

当たり前ですが、語学学校の提供するクオリティによっては学費が安くなります。

最新の設備が揃っていたり、講師がネイティブスピーカーの場合、費用が高額になってしまうのはよくあることですね。

せっかく語学学校に通うのに、学校のクオリティを下げたくはないと思う人もいますよね。

学習の意欲が高く、どうしても語学学校で語学力を高めたいのであれば、譲れない点ですが。

海外生活の雰囲気を感じたい、誰かと一緒に学びたい、外国人の友達が欲しい。

と、学校へ通うメインの理由が「語学学習」でないのであれば、安い学校を選んだ方が楽しく余裕を持って海外生活を楽しめます。

夜間のコースを選ぶと費用を節約できる

語学学校によっては、夜間のコースが開講している場合があります。

夜間コースは、日中に働いている人が通っているので、比較的に学習意欲が高いです。

一般的に、日中のコースよりも安く受講できるケースが多いので、夜間コースで頑張れる人は検討してみてはどうでしょうか。

デメリットは、生活リズムが乱れやすいことや、クラスメイトが日中働いているので、なかなか仲良くなるのが難しいことです。

語学学校の費用を「場所」で抑える

学ぶ国や地域によって、語学学校の費用を抑えることができます。

特に英語学習であれば、学べる国はたくさんあります。

英語学習で有名な、留学先は以下です。

  • オーストラリア
  • カナダ
  • イギリス
  • ニュージーランド
  • フィリピン
  • フィジー
  • マルタ

国だけではなく、渡航先の地域によっても物価が変わるので、確認が必要です。

フィリピンやフィジーの語学学校は、費用が安く留学先には人気ですね。

ボクホリ

フィリピンやフィジーで基礎力をつけてから、別の国へワーホリする人もいるよ。2カ国留学はけっこうスタンダードになってるみたい。

語学学校の費用を「期間」で安く

語学学校に通う期間で、費用がお得になることがあります。

例えば『早期予約の割引』などがありますよ。

語学学校は早期に予約することで、割引や特典が得られることがあります。

入学を検討している学期や期間が決まったら、早めに手続きを進めるとお得になります。

さらに、長期間のコースを選ぶと若干やすくなることがあります。

通常、長期のプログラムは短期のものよりも割引が適用されることがあります。

数ヶ月以上の期間で留学する場合、プログラム全体の費用が割安になることが期待できますよ。

ボクホリ

ぼくの場合、長期間のコースを選択したため『1週間の無料授業』がついてました。留学エージェントを使うと。お得になることがあります。

学生が少ない期間は入学の狙い目かも!

語学学校には、入学してくる学生が少なくなるシーズンがあります。

学校によって、割引サービスや授業料無料の期間を設けていることがありますよ。

オフピークシーズンについて

海外の語学学校の入学において、入学が少ないシーズンは通常「オフピークシーズン」と呼ばれます。

具体的なオフピークシーズンは学校や地域によって異なります。

以下は一般的な、オフピークシーズンの例です。

  1. 冬季(1月から3月頃): 多くの国で冬季は寒冷なため、留学生が少ないことがあります。この期間は多くの学生が休暇を取るため、オフピークとなることがあります。
  2. 夏季(7月から8月頃): 一方で、夏季は多くの学生が休暇を利用して旅行や帰国をするため、入学が少ない傾向があります。
  3. 長期コースの途中: 多くの留学生は新学期や新学年の始まる時期に入学する傾向があります。そのため、学期途中や学年途中の入学は比較的空きが生じることがあります。
  4. 祝日や大型イベント前後: 地域によっては、大型の祝日や特定のイベント前後に学校の入学が減少することがあります。

これらのシーズンやタイミングを利用することで、

人数が少ないためにクラスでの個別指導や、アクティビティへの参加がしやすくなるかもしれません。

ただし、それぞれの学校や地域の事情によって異なるため、具体的な情報は希望する学校に直接問い合わせて確認することが重要です。

語学学校の費用を「現地の生活」で抑える

語学学校の費用を抑える方法として、現地での生活費を節約する方法もあります。

ポイントは以下です。

  • 滞在先
  • 食事
  • 交通費
  • アルバイト

などが挙げられますね。

語学学校へ行く際には滞在先に注意

留学エージェントを使った場合には、サポートの一部に滞在先が含まれている場合があります。

学校提供の寮ではなく、地元のアパートメントやシェアハウスを検討することで、宿泊費を抑えられる場合があるので、検討してみましょう。

また、ホームステイも地元の生活を経験できながら、経済的な選択となります。

ボクホリ

学習できる環境と、滞在にかかる費用をしっかり比較して決めるといいですね。

食費を抑えたいのであれば自炊も視野に入れる

食費に関しては、物価が安い国であれば、あまり気にしないくともいいでしょう。

しかし、毎回外食してしまったり、友人と出かけたりと出費がかさむと、せっかくの語学学校生活が圧迫されかねません。

できるだけ自炊を心がけることで、食費が浮くのでそのぶん語学学校へかけられます。

みたことない地元の食材を利用して自炊するのも、案外楽しい場合もありますよ。

交通費もできるだけ抑えたい要素

語学学校に通う期間が長ければ、毎日の往復で交通費も高くなってしまいます。

できるだけ語学学校の近くで、拠点を置けるといいですね。

留学エージェントに頼んだ場合には、手配してくれることがほとんどだとは思います。

しかし、学校までの距離があまりにも遠い場合には、近い場所にできないか相談してもいいでしょう。

ボクホリ

僕は毎朝満員のバスで30分以上かけて通ってたけど、運転は荒いし車内は窮屈だし…途中で学校に行くのが嫌になっちゃいました。

自転車や、歩いて学校へ行ける範囲がベストですね。

アルバイトで生活費をカバーする

語学学校に入学したての頃は、なかなかできないけれど慣れてきたらアルバイトしてみてもいいかも。

語学学校に付属しているカフェや近くのレストランなど、

アルバイトできる場所は意外とあります。

学校で学んだ言葉を使う機会にもなるので、さらに勉強がはかどりますね。

まとめ:語学学校の費用を抑えるのための要点

語学学校の費用を抑えるための要点をまとめます。

ポイントは大きく分けて4つですね。

  • 語学学校での学び方を検討する
  • 語学学校の国や地域選びは安いところを選ぶ
  • 語学学校へ行く期間は早めに決めて、長期コースだとお得
  • 語学学校に通う間の現地生活を見直してみる

海外の語学学校で学べる機会は、人生の中でもそう多くありません。

語学学校に通う目的を明確にして、自分に合った学校を選んでみてください。

語学学校の比較をするなら

語学学校の比較をするのなら、留学エージェントのカウンセリングもしくは資料請求をしてみましょう。

留学エージェントを使うメリットは多く、

最新のキャンペーン情報や、信頼できる語学学校の情報が手に入ることです。

自分に合った語学学校を選ぶためにも、まずは無料で資料請求から始めてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

「ワーホリ仲間」に情報をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次