【海外行くなら必須!】Wiseデビットカードの使い方を紹介します

当ページのリンクには広告が含まれています。
Wiseデビットカード使い方

海外に行く予定なんだけど、Wiseデビットカードが良さそう

Wiseデビットカードの使い方がよくわからないなぁ

海外へ行くにあたって、使いやすいクレジットカードや、サービスを探す方は多いです。
Wiseデビットカードは、とにかく海外渡航者におすすめなカードです。

ボクホリ

今回、Wiseデビットカードの使い方をわかりやすく解説しました

この記事を読んでほしい人!
  • 留学
  • 海外旅行
  • 海外駐在
  • 海外ノマド
  • ワーキングホリデー

その他、海外でなんらかの支払い予定がある方は、Wiseデビットがとにかく便利です。

\年会費・維持費は完全無料!/

いつでもどこでも。世界50通貨を自由に持てる|デビットカード発行手数料は¥1,200のみ

目次

Wiseデビットカードの基本の使い方

Wiseデビットカードって、どんなカードなの?

ボクホリ

Wise(ワイズ)が発行しているカードで、
海外渡航者に、超絶便利なデビットカードです

海外行くなら持って行きたい!Wiseデビットカード

Wiseデビットカードは、海外送金サービスのWiseが発行元です。

どんな人に向いているの?
  • 留学
  • 海外旅行
  • 海外駐在
  • 海外ノマド
  • ワーキングホリデー

などなど…海外での生活や、旅行に行く方に向いているカードです。

Wiseデビットカードでできること

Wiseデビットカードで、できることを紹介します。

Wiseデビットカードでできること
  • 50通貨を一枚のカードで管理可能
  • 海外のATMで外貨を引き出せる
  • Wiseアプリを使って、でどこにいても資金をチャージ可能
  • カード決済でも少額の手数料

①:50通貨を一枚のカードで管理可能

Wiseのアカウント上では、なんと50通貨もの外貨を管理することができます。

渡航先の通貨へ、アカウント上で自由に両替可能なので、わざわざ換金率の良い両替所を探さずとも、カード1つで外貨を持てます。

Wiseは透明性のある為替レートを導入しているため、両替の際でも換金所などで手数料を支払うことありません。

②:海外のATMで外貨を引き出せる

アカウント上で、引き出したい外貨へ資金をチャージしておけば、海外のATMで外貨の引き出しが可能です。

Wiseデビットカードは、Mastercard(日本在住の場合)に対応しています。

ボクホリ

海外のカード決済は、VISAかMastercardが主流。
Mastercard対応なら、世界中ほぼどこでもATMで引き出しが可能ですね。

ATMから現金を引き出す際には、以下に注意しておきましょう

ATM利用時に覚えておきたいこと

ATM利用時には、以下に注意しましょう。

  • 月2回、30,000円相当額までの引き出しであれば、手数料無料で利用できる
  • 2回目以降は、1回の取引につき固定手数料として70円
  • 月間30,000円を超える資金を出金する場合は、1.75%の手数料と固定手数料の70円が加算される

③:Wiseアプリを使って、どこにいても資金をチャージ可能

Wiseのスマホアプリがあれば、どこにいてもWiseデビットカードへチャージが可能です。

Wiseデビットカードへのチャージは「ネットバンク入金、デビットカード入金」の2つの方法が可能です。

日本在住で、Wiseへの登録を日本で行なった人は「クレジットカードでの入金」ができません。(2023年現在)

Wiseのアカウント上で、日本円にチャージしておくことも可能。

日本円から外貨への両替はアプリで簡単にできます。

④:カード決済でも少額の手数料

通常、日本のクレジットカードを海外で使用した場合には、2つの手数料が発生します。

  • 国際ブランドの定める基準レート
  • カード発行会社が定める「海外事務手数料」
①|国際ブランドの定める基準レート

国際ブランドとは、VISAやMastercard、AMEX、JCBなどのブランドのこと。

国際ブランドは、1日に1回実際の為替レートをもとに、若干の手数料が上乗せされた基準レートを定めています。つまり、VISAやMastercard、JCBなどのクレジットカードで外貨の買い物をすると、若干不利なレートで両替されてしまうということです。

Wise:クレジットカードの海外手数料とは?計算方法・注意点を解説!

通常、国際ブランドは独自に為替レートを設定しているので、利用者は手数料を支払うことになります。

しかし、Wiseデビットカードは両替の際、国際ブランドの手数料が上乗せされていない、ミッドマーケットレート(実際の為替レート)で両替可能。

ボクホリ

ミッドマーケットレートは、利用者にフェアなレート!
無駄な手数料なしで両替できます。

②|カード発行会社が定める「海外事務手数料」

カード発行会社は、楽天、三井住友、イオンなどカードを注文した会社のこと。

カード発行会社(銀行など)は、先程述べた国際ブランドの基準レートに、さらに独自の海外事務手数料を上乗せしています。海外事務手数料は例えば「1.6%」などと表示され、これは国際ブランドの基準レートに1.6%の手数料が上乗せされることを意味します。

Wise:クレジットカードの海外手数料とは?計算方法・注意点を解説!

国際ブランドの基準レートでさえ手数料が載っているのに、さらに海外事務手数料が上乗せされたレートで支払うことに…

基本的に、カード発行会社の海外事務手数料は、1.6~2.5%に設定されています。

Wiseの場合、両替する通貨によりますが両替手数料は、0.43~と格安です。

ボクホリ

上の説明は、あくまでも外貨を持っていない場合の支払い手数料
Wiseデビットカードへ外貨をチャージすれば、両替手数料は無料ですよ!

Wiseデビットカードへ、すでに外貨をチャージしている場合は、上記の為替の両替手数料はありません。
手数料無料で支払いに利用することが可能です。

\年会費・維持費は完全無料!/

いつでもどこでも。世界50通貨を自由に持てる|デビットカード発行手数料は¥1,200のみ

Wiseデビットカードを使うまでの流れ

Wiseのデビットカードを使うまでの流れは、以下の図のようになります。

Wiseデビットカード仕組み
STEP
カード発行&アクティベート

カード発行手数料は¥1,200かかります。

アクティベート方法は、Wiseの登録住所によって変わる場合があります。

※先にWiseの登録を済ませて、マルチカレンシー口座へ入金してもOK

STEP
Wiseマルチカレンシー口座へ、資金をチャージ
STEP
Wiseマルチカレンシー口座で、外貨を管理

日本円を入金しておけば好きなタイミングで、外貨へ両替可能。

直接外貨への入金も可能。

STEP
Wiseデビットカードで支払い

海外のATMで、外貨を引き出すことも可能。

VISA、Mastercard対応のお店で支払いに使うのもOK!

Wiseデビットカードへの入金方法(チャージ)

Wiseデビットカードへの入金方法は【すぐわかる!】Wiseデビットカードの入金方法を画像付きで解説で解説しています。

ボクホリ

よろしければ参考にしてみてください

Wiseデビットカードを有効化する

Wiseのデビットカードを使用できるようにするには、有効化が必要です。

有効化の方法は、Wiseへの登録住所によって変わります。

ここでは、日本在住(Wiseへ日本で登録した場合)のかたへの、有効化の方法をまとめます。

Wiseデビットカードを有効化する方法は?

Wiseデビットカードを発行した時期によって有効化の方法は変わるようです。

  • 2023年3月27日以降に、日本で発行されたカード
  • 2023年3月27日以前に、日本で発行されたカード

【②の方は要注意!】
海外渡航後にWiseデビットカードを発行した場合(海外住所へカード発送)でも、Wiseへの登録を日本でしている場合は、初回の有効化は日本で行う必要があります。

新しいカードの場合

①|2023年3月27日以降に、日本で発行されたカード

カードと一緒に届く、6桁のPINコードを入力することで有効化が可能。

  1. Wiseアカウントにログインする
  2.  ウェブサイトまたはアプリの「カード」をタップする
  3.  「今すぐ有効化する」を選択する
  4. カードと一緒に届いた紙に記載された6桁のコードを入力する

旧カードの場合

②|2023年3月27日以前に、日本で発行されたカード

いずれかのATMで、カードの暗証番号(PIN)を入力して、残高照会を行うことで有効化できます。

ボクホリ

著者は、イオンのATMで残高紹介をしたところ、Wiseからアクティベート完了のお知らせがきました

カードの暗証番号(PIN)は、アプリで「カード」を選ぶと確認できます。

  • イオン
  • イーネット
  • ビューカード(現在未対応)
  • デイリーヤマザキ

ファミマのATMなどで、有効化しようとして失敗するケースが多いようです
「イオン、イーネット、デイリーヤマザキ」のいずれかで行いましょう

Wiseデビットカードが使えない場合

Wiseデビットカードが使用できない場合、いくつかの理由が考えられます。

公式での案内と、著者の経験を紹介します。

Wiseデビットカードの有効化ができていない

著者の経験ですが、海外渡航後にWiseデビットカードを作成しました。

Wiseへの登録は日本で済ませていたので、登録住所は日本です。

カードが到着し、海外のスーパーで有効化のため少額の買い物をしてみましたが、支払いが拒否。

ボクホリ

その後、ATMでの残高照会も行いましたが有効化できず…

調べてみると、Wiseに日本で登録した場合は、Wiseデビットを日本でしか有効化できないことを知りました。

日本でWiseに登録した人は

日本国内いずれかのATMで、カードの暗証番号(PIN)を入力して、残高照会を行うことで有効化できます。

ボクホリ

著者は、イオンのATMで残高紹介をしたところ、Wiseからアクティベート完了のお知らせがきました
その後も、問題なく支払いに使えましたよ

カードの暗証番号(PIN)は、アプリで「カード」を選ぶと確認できます。

  • イオン
  • イーネット
  • ビューカード(現在未対応)
  • デイリーヤマザキ

ファミマのATMなどで、有効化しようとして失敗するケースが多いようです
「イオン、イーネット、デイリーヤマザキ」のいずれかで行いましょう

新しくWiseデビットカードを発行した人の有効化

2023年3月27日以降に、日本で発行されたカードの場合

カードと一緒に届く、6桁のPINコードを入力することで有効化が可能。

  1. Wiseアカウントにログインする
  2.  ウェブサイトまたはアプリの「カード」をタップする
  3.  「今すぐ有効化する」を選択する
  4. カードと一緒に届いた紙に記載された6桁のコードを入力する

利用限度額に達している

Wiseデビットカードの利用限度額を超えた支払いをしようとしている場合、支払い拒否になるようです。

限度額の変更は、アプリまたはウェブ上のアカウントで可能。

日本在住者は、アカウント上に100万円相当以上の資金を持てません

よって、Wiseデビットカードでの支払い限度MAXは、100万円ですね。

Wise公式で案内されている支払い拒否の例

Wise公式サイトで公表されている、支払いの拒否例を紹介しておきます。

  • 請求先住所が間違っている
  • 技術的な問題が発生している
  • 決済方法がサポートされていない
  • カードが使えない国で決済しようとしている
  • カードが凍結されている

参考:Wiseデビットカードでの支払いが拒否される理由について

Wiseデビットカードが海外で不正利用にあった場合

Wiseアカウント上では、自分ですぐにWiseデビットカードを凍結できます。

ボクホリ

スマホアプリ上でも、同じ手順ですぐに凍結できます

カード凍結方法
STEP
Wiseアカウントからカードを選ぶ
STEP
カードを選択し凍結する

まとめ:Wiseデビットカードを使って、海外をめいっぱい楽しもう!

Wiseデビットカードについての使い方や、基本情報を解説してきました。

留学、ワーホリ、海外旅行までとにかく便利に使えるWiseのデビットカードですが、発行までには若干の時間がかかります。

Wiseの本人確認は、サービスのセキュリティレベルを高めるため、2週間ほどかかります。

すでに海外へ渡航される予定がある方は、すぐにWiseへの登録を済ませることをおすすめします。

ボクホリ

海外渡航前は準備が忙しいですからね…

\年会費・維持費は完全無料!/

いつでもどこでも。世界50通貨を自由に持てる|デビットカード発行手数料は¥1,200のみ

Wiseデビットカード使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

「ワーホリ仲間」に情報をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次