間違いなくワーホリにおすすめのクレジットカードはこれ!徹底的に解説します

当ページのリンクには広告が含まれています。
ワーホリおすすめクレジットカード

ワーホリの準備をしてるんだけど、クレジットカードって必要なの?

ワーホリのクレジットカードって、どうやって選んでいいのか分かんないなぁ…

ボクホリ

そんなワーホリのクレジットカードに関するお悩みをまとめて解説してます。

「ワーキングホリデーに行くからクレジットカードを準備しよう!」そう思う人は多いはずですね。

しかし現金派の人であれば、どんなクレジットカードを選んだらいいのか、よくわからない人もいるのではないでしょうか。

著者はワーホリに行くために人生で初めてクレジットカードを作りましたが、

よくわからずおすすめされているクレジットカードを4枚ほど作成しました。

結果。あまり使わず年会費だけ無駄にしてしまった経験があります…

この記事では、ワーホリに行く人に向けてどんなクレジットカードがおすすめなのかを紹介します。

ぜひ海外生活でも役立つクレジットカードを作って、より安心して海外へ渡航してください。

この記事でわかること
  • ワーホリにクレジットカードの準備が必要な理由について
  • ワーホリ向けクレジットカードの選び方のポイント
  • ワーホリにおすすめのクレジットカード
  • 出国前に確認しておきたいクレジットカード関連のこと
読んでくださる皆さんへ

著者がワーホリで体験したことも記載しました。

この記事を読めば「クレジットカードに関する悩み」は無くなると思うので、ゆっくり読んでみてください。

参考にしてね!
目次

ワーホリでクレジットカードが必要な理由

結論から言って、クレジットカードは現在のワーホリに必須です。

以下で詳しくご紹介します。

①:ワーホリビザ申請は支払いがクレジット

ワーホリで海外へ渡航するには、ワーホリのビザが必須。

ビザ申請費用の支払いはクレジットカードが欠かせません。

ワーホリ先によってビザ申請費用の支払い方法は異なります。

人気の渡航先でオンライン申請かつ、ビザ申請費用がクレジットカード払いの国は以下です。

例)クレジットでビザ費用を払う国
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • イギリス

②:海外は日本よりもキャッシュレス

海外では日本よりもにキャッシュレスが進んでいます。

著者はオーストラリア在住ですが、「現金派はもはや少数なのではないか」と感じます。

「日々の買い物、電子マネーのチャージ、週末のマーケット」など、

あらゆる場面で現金を使う場面は減っています。

ワーホリ中の支払いにクレジットカードを持っておくのが無難でしょう。

③:ワーホリスタート時の一時的な支払いに必要

ワーホリ先へ渡航してすぐの支払いには、クレジットカードが必要。

日本円を持ち込んで、現地で換金することも可能です。

しかし、盗難や紛失の危険があるので避けた方がいいですね。

現金は紛失すると返ってきませんので…

しかし、クレジットカードがあれば、海外のATMでも現地通貨をかんたんに引き出し可能です。

クレジットカードの大きなメリット

クレジットカードであれば、不正利用があったとしても即座にクレジットカードを停止可能です。

さらにカード会社には補償もついているのでお金が返ってきます。

しかし現金の場合はそうはいきませんよね…

ボクホリ

現金派の人も多いとは思うけど、クレジットカードは準備しておくと不安が減りますよ。

ワーホリ用にクレジットカードを作るメリット&デメリット

ワーホリ用にクレジットカードを作る場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット
デメリット
  • もしもの支払いに使える
  • 現地通貨を引き出せる
  • 特に年会費などはかからない
  • 現金持ち歩きのリスクが無い
  • 身分証の代わりになる
  • カードによってはすぐに手元に届く
  • 現地生活が落ち着いたら使わない
  • 種類が豊富すぎて選びづらい
  • 仕組みが複雑で把握しづらい
  • 勝手にアップグレードされる事がある
ここがポイント!

大切なポイントをお伝えすると、日本のクレジットカードは現地生活が落ち着くと使わなくなります。

理由は、ワーホリ先で現地通貨を稼げるようになるからです。

日本のクレジットカードを使うタイミングとしては、

  • 日本サイトから、日本の電子書籍を購入
  • 友人や親族の冠婚葬祭で贈り物をする
  • 日本のサービスを使う際に、日本円で支払いを行う

などの、限られた機会になります。

しかし、クレジットカードを持っておくことで得られるメリットは上記の通り大きいです。

備えとして一枚だけでも持っておくと、安心できるので保有することをおすすめします。

ワーホリ向けクレジットカード選びのおすすめポイントは?

クレジットカードが必要なのは分かったけど、選び方がよく分かんない…

ボクホリ

ワーホリ向けのクレジットカード選びの「ポイント」を紹介しますね

ワーホリに向けてクレジットカードを作る場合は、以下のポイントに注意しましょう。

①:クレジットカードの国際ブランド

ワーホリ向けにクレジットカードを選ぶなら、「国際ブランド」に注意しましょう。

購入取引に使われたクレジットカードの分布(世界シェア):出典 Statista.com

上の図は、世界規模で見たクレジットカードの発行者と、支払いに使われている国際ブランドの割合です。

VISA、Mastercardがマーケット全体の8割近くを占めています。

国際ブランドってなに?

世界中で利用できるクレジットカードのブランドのこと。

クレジットカードに記載されている、「VISA、Mastercard、JCB、American Express」などが国際ブランドにあたります。

世界的に見ると、VISAかMastercardでの決済が多く、特に英語圏では強いようです。

オーストラリアの支払い状況について

2019年支払い方法の分布:データはオーストラリア準備銀行より

ワーホリ先として人気である、オーストラリアを例にしてみましょう。

上記の図を見てわかるように、

オーストラリアでの決済方法で、いちばん多いのは「カードによる支払い」です。

クレジットカード、デビッドカード合わせて63%の人が、カードを使ったキャッシュレス決済をしています。

デビッドカードってなに?

支払いと同時に、自身の銀行口座からすぐに引き落としされるカードです。

使用したら直後に口座から引き落とされるので、使った分を把握しやすい。

オーストラリアで多く発行されている国際ブランドは?

オーストラリアのクレジットカード使用シェア率:データはfinty.comより

オーストラリアでよく使われている国際ブランドのシェア率は、

VisaとMastercardが合わせて92.8%を占めています。

つまり、オーストラリア国内でカード決済をしている人の、約9割はVISAかMastercardを使ってるんです。

現金(キャッシュ)による支払いは27%ほどす。

②:海外キャッシングができるもの

ワーホリに向けてクレジットカードを選ぶのであれば、

海外キャッシングが使いやすいものを選びましょう。

海外キャッシングとは?

海外キャッシングとは、ATMにて現地通貨を引き出すこと。

日本円を両替所で換金する手間や、急に現金が必要になった場合などに利用できます。

海外ではキャッシュレスが進んでいます。

しかし、いくつかのシーンで現金が必要になることもあります。

ボクホリ

オーストラリアワーホリでの、僕の経験談を紹介します

例)海外生活で現金が必要になる場合
  • ホームステイ中のオーナーへのレント代の支払い
  • 超ローカルにあるお店での支払い
  • 週末に行われる小さいマーケット(個人の出店)
  • 一部の小さなお店
  • ファームジョブで住んでいたホステル、バックパッカー、コントラクターへのレント代(部屋の料金)

すぐ現金が必要になった際には、ATMからクレジットカードで現金を引き出せると便利です。

海外キャッシングの重要なポイント

海外でキャッシングをする際には、重要なポイントがあります。

それはズバリ、返済方法。

キャッシングはクレジットカード会社から「お金を借りる」行為です。

借りた(キャッシングした)分の金額は、引き落としされるか返済するまで「利息が発生」します。

返済までの期間が短ければ、利息の額も抑えられるので早期返済するのがポイントです。

しかし、多くのクレジットカードは「ATM振込みか専用ダイヤルへの連絡」でしか早期返済することができません。

海外から返済する際には、ネット返済に対応しているクレジットカードを選びましょう。

③:年会費は無料を選ぶ

ワーホリ用にクレジットカードを作るなら、年会費無料のものを選びましょう。

理由は以下の3つです。

  • 海外生活が思いがけず伸びる可能性がある
  • ついつい日本のクレジットカードのことを忘れてしまう
  • 現地生活が落ち着くと日本のクレジットカードは使わなくなる
年会費無料のクレジットカードがおすすめの理由

ワーホリで2,3ヶ月すると日本のクレジットカードはほぼ使わなくなります。

理由は、仕事が決まって現地通貨で生活できるようになるためです。

すると、日本のクレジットカードのことは忘れてしまいがち…

「もう少し長く海外で生活してみたいなぁ」

と、当初の予定を変更することもあります。

その場合、クレジットカードの年会費は無駄な出費でしかないので、年会費無料のカードを選ぶのが無難です。

ワーホリ中のクレジットカードの年会費は無駄な出費です。

年会費無料のクレジットカードを選びましょう。

ワーホリにおすすめのクレジットカードは?

ワーホリにおすすめのクレジットカードを紹介します。

著者が選ぶおすすめのカードは、エポスカードです。

業界トップクラスの海外旅行保険が付いている

エポスカードはワーホリにおすすめのクレジットカードです。

中でも強みは『業界トップクラスの海外旅行保険が付いている』こと。

まずは基本情報を紹介します。

  • VISA対応
  • 年会費無料
  • 即日発行可能
  • 手厚い海外旅行保険が90日付帯
  • 海外キャッシングもネット返済可能

著者はワーホリ向けのクレジットカードを探すため、数週間かけてリサーチを行いましたが、数あるクレジットカードの中でも無料でここまで「使える」クレジットカードはありません。

自信を持っておすすめできます。

詳しい内容を知りたい人は、ワーホリに特化したエポスカードの記事を作成したのでぜひ読んでみてください。

\ワーホリ行くなら!/

業界トップクラスの海外旅行保険であんしん|みんなが持ってるクレジットカード

ワーホリ中のキャッシングも支払いもこれこれ一枚で解決

クレジットカードではありませんが、Wiseデビットカードもワーホリにはめちゃくちゃおすすめです。

Wiseは海外送金をメインにしている会社ですが、

革新的なサービスが「海外在住者やノマド、留学生、ワーホリの人たち」に、爆発的に広がっています。

まだWiseの存在を知らない方は、

ぜひ当ブログのWiseに関する記事をチェックしてみてください。

ワーホリには何枚クレジットカードを持っていくのがおすすめ?

ワーホリには何枚クレジットカードを準備したら良いの?
一枚だけ準備すれば大丈夫?

結論を先に言うと、複数持ちがベストです。

理由は以下。

  1. 紛失や盗難リスクを分散できる
  2. もしもクレジットカードを停止しても予備があれば安心
  3. 国際ブランドを分けて持つと使用できる場所がさらに広がる
ボクホリ

著者は心配性なため、ワーホリ用に3枚ほど準備しました。

①:紛失や盗難時のリスクを分散できる

クレジットカードが盗難にあったり紛失しまっても、複数枚持っていれば別のカードで代用できます。

当たり前ですが、いざ必要な時にクレジットカードが無いと困りますよね?

念のため複数準備しておけばそんな不安を解消できます。

管理する際には全て一緒にせずに、別の場所に入れるなどしておきましょう。

海外ではATMにカードを吸い取られるトラブルもよく聞く話です…

②:複数あればクレジットカードを停止しても安心

「紛失、盗難、スキミング、不正請求など」問題が起こった際には利用を停止して対応します。

不測の事態が起こりクレジットカードを停止した際、一枚しか持っていないと当面の支払いに困りますよね…

しかし、停止期間に予備のカードがあれば心配がありません。

クレジットカードの「スキミング」被害とは?

スキミングとは、カードから情報を不正に抜き取る行為です。

抜き取られた情報を元にカードの複製などが行われ、不正請求に悪用されます。

おすすめのスキミング対策グッズ

クレジットカードと一緒にお財布に入れるだけ。

ワーホリ中のスキミング対策を!

ボクホリ

著者の友人にも、ワーホリ中にスキミング被害に遭った人がいました。
スキミングブロックカードは、クレジットカードと一緒に財布に入れるだけなので準備しましょう。

③:国際ブランドを分けると使用できる場所が広がる

クレジットカードの国際ブランドを分けて、複数持つといいです。

稀なケースですが、VISAのみ支払いに対応しているお店では、Mastercardで支払えないことも。

メインにVISAカード、サブはMastercardのように複数あれば問題ありません。

ワーホリ用のクレジットカードを持っていない人はいつ作るべき?

ワーホリ向けのクレジットカードを持っていない人は、すぐに準備をしましょう。

カード会社によっては、最短即日発行に対応しているクレジットカード会社もあります。

ワーホリの出国前に焦って発行することが無いよう、早めに準備することをおすすめします。

クレジットカードを作るタイミングはいつがいい?

できるだけ早く作ることををおすすめします。

社会人であれば退職する前に作りましょう。

クレジットカード作成には必ず「審査」があるので、お仕事(アルバイト含む)をしているうちに発行すると安心です。

すでに仕事を辞めた人は、クレジットカードを作れない?

審査次第のようです。

Twitter上では無職でも、クレジットカードを発行できた人もちらほら…

クレジットカード発行に必要なものは?

カード発行元によります。

基本的に「本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)」が必要。

どれくらいで手元に届く?

申し込み後は審査があり、審査にかかる時間はカード発行元によって変わります。

即日発行できるクレジットカードは当日中に対応している窓口で受け取れます。(審査状況による)

配達を選んだ場合は1週間ほどで手元に届きます。

ワーホリとクレジットカード付帯の海外旅行保険について

クレジットカードを発行すると、海外旅行保険が付帯している場合があります。

ワーホリのクレジットカード保険については、記事を作成したのでチェックしてみてください。

ボクホリ

個人的には、海外旅行保険はしっかりと加入してから、ワーホリをするのがベストだと思っています。
しかし、大きなコストがかかるのも悩ましいですよね。

クレジットカードの海外旅行保険でカバーする裏ワザ

ワーホリ中の保険をクレジットカードの海外旅行保険でカバーする裏技もあります。

海外ノマドワーカーや海外赴任している人には、けっこう有名な方法らしいですね。

方法はリクルートカードを2枚発行することで可能になります。

ワーホリ前に確認すべきクレジットカードのこと

クレジットカード関連のことで、ワーホリ前に確認すべき内容をまとめました。

①:暗証番号(PINコード)の確認とひかえ

出国前にクレジットカードの暗証番号(PINコード)を確認しておきましょう。

海外にてクレジットカード決済する場合、PINコード(PINナンバー)と呼ばれる暗証番号の入力を求められます。

PINコードってなに?

クレジットカードを発行した際に設定する、4桁の暗証番号のことです。

海外では決済時、クレジットカードを決済端末へタップ、または挿入して決済します。

この際、PINコードの入力を求められることがあります。

ワーホリで出国する前に、必ずクレジットカードに設定した暗証番号(PINコード)を確認、もしくは何かに控えておきましょう。

②:利用限度額の設定

カードに設定してある利用限度額の設定を確認しておきましょう。

  • ショッピングの限度額
  • キャッシングの限度額

クレジットカードによって、海外キャッシングの利用枠が、通常のキャッシング枠とは別の場合があります。

海外キャッシングの利用枠を確認してください。

自分のクレジットカードが「いくら限度額があるのか」は把握しておくといいです。

③:カードの有効期限を確認

ワーホリ中に有効期限が切れて、使えなくならないように確認してみてください。

出国前にクレジットカードを発行したばかりの方は問題ありません。

④:海外サポートについておさらいする

発行したカードによっては、海外での現地サポートが付帯しています。

紛失、盗難、病気や怪我をした際の病院の案内などサポートは様々。

念のため最低限の連絡先とサービス内容をおさらいしておけば安心です。

まとめ:ワーホリのクレジットカードは早めに準備がおすすめ

ワーホリ前は準備で忙しいですよね。

英語学習やワーホリの資金を貯めたり、現地情報の収集などなど….

クレジットカードの発行は、わりとすぐに準備できる項目の一つです。

ワーホリで渡航を決めたら、早めに準備してしまいましょう。

ボクホリ

準備はお早めに!

ワーホリにおすすめのクレジットカード&デビットカード

最後に、ワーホリにおすすめのクレジットカード&デビットカードをおさらいしておきます。

ボクホリのおすすめは2つ。

  • エポスカード
  • Wiseデビットカード

どちらも、年会費&発行手数料が無料なのに、ワーホリでめちゃくちゃ使えるカードです。

ぜひワーホリ前に準備してみてください。

\ワーホリ行くなら!/

業界トップクラスの海外旅行保険であんしん|みんなが持ってるクレジットカード

ワーホリおすすめクレジットカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

「ワーホリ仲間」に情報をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
目次